ライドシェアニュースNEWS

当サイトではご利用者様・運転者としてご登録いただきます方々に正しい情報をお伝えし、
多機能配車アプリ(シェアタ)をご紹介させていただきます。

コンテンツCONTENT

日本流ライドシェア(自家用有償事業)がスタートした場合の
利用者目線と登録運転者目線での、メリット心配点検証します。

ご利用者の目線CUSTOMER

ライドシェア配車を使用するメリット

  • タクシー料金(100%)と比較して
    80%〜70%程度の安価運賃かつ、
    お迎え料金は0円(地域によって異なります。)の輸送サービスを受けることが可能。

  • ライドシェアに加盟する運転者の数が、
    無線配車などでお迎えに行くタクシー
    運転者の数よりも多くなることが
    予想されるため、配車依頼の場所まで
    確実にお迎えに上がることが可能。

  • 行先までの距離制運賃なので、
    依頼時に契約した料金で
    サービスを受けることが可能で、
    運転手との金銭の授受がない。

ライドシェア配車を使用する心配点

タクシー車両のような半公共的な車両に乗車するのではなく、
私物(マイカー)の空間に乗車しなければならない

当配車アプリ(シェアタ)の利用者用アプリの機能紹介と心配点への対策

この様に、私物の空間にご乗車いただくものの、上記の様々な対策によって、
現在のタクシー車両の空間と比較しても、決して危険な空間ではありません。

登録運転者の目線DRIVER

ライドシェアの運転者に登録するメリット

  • 男性、女性ともに都合の良い曜日、
    時間帯だけの仕事に就くことが出来る。

  • 運転者に登録すると、
    運転作業と少しの接客で
    労働対価を取得することが可能。

  • 現在のところ最終決定されていませんが、
    運転者の出社は不要で、携帯端末でアプリを使用した管理になりそうです。

ライドシェア配車を使用する心配点 その1

どの様な接客をすればいいのかわからない。

ライドシェア配車を使用する心配点 その2

危険な乗客からの配車依頼があったらどうしよう。

ライドシェア配車を使用する心配点 その3

迎車場所や目的地までの経路が理解出来るか不安。

当配車アプリ(シェアタ)の利用者用アプリの機能紹介と心配点への対策

当配車アプリ(シェアタ)では、お客様も運転者も100%アプリを使用しての配車システムになっていることから、
誰と誰が配車でマッチングしたかは明確です。
そして、ご利用者機能で(上段)ご紹介しました通り、車内を録画するレコーダーを搭載しており、
このレコーダーはお客様だけが始動を可能にするのではなく、運転者も自身の携帯端末より録画をスタートさせることが可能です。
したがいまして、セキュリティ-センターへの緊急通報は運転者からしていただくことも可能になり、
お客様の安心サポートと同様に運転者の安心サポートも致します。
尚、運転者が録画開始されました映像につきましても、運転者は見ていただくことは不可能になります。


また、お客様への接客の練習は当ホームページに練習方法紹介動画を閲覧可能にしていますので、簡単に習得出来ると思います。
そして、迎車地や目的地までの経路はナビ機能があり、ご心配は不要です。

通常のアプリでは、点呼とともにログインし、その後路上において、
いつ配車されるかわからない配車依頼を車で待っていなければなりません。
本来その待機時間は、拘束されていることから労働時間とされ、賃金が発生しなければならないものでありますが、
おそらく正式な手続きをその都度、行わないとその賃金は支払われなく、
結局、運転者の泣き寝入り状態になることが予想されます。この様な形態での就労は長続きしません。

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」当配車アプリ(シェアタ)のダウンロード開始は
改めて当ホームページお知らせ致します。

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング