ライドシェアニュースNEWS

2023年10月23日 カナダ、セイントジョーズ市でライドシェア活性化のために一部必要要件の廃止を検討

2023.10.25 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 カナダのニューファンドランド・ラブラドール州のセイントジョーズ市は、ライドシェア導入を求め企業らと協議を重ねていたが、企業らからは市の条例だけでなく州の高速輸送法の修正が必要であることが指摘されていた。州法では、タクシーの定義にライドシェアが含まれていることから、タクシーとライドシェアサービスは同じ要件が必要となり、ライドシェアドライバーは第四種タクシー免許を取得しなればならず、またライドシェア企業は自動車保険に加入しなければならない。そのため、企業は州政府に対し第四種タクシー免許取得要件の一部撤廃、もしくは修正した新しいライセンス作成を促していた。
 今週月曜日に開かれたニュースカンファレンスで、州内のライドシェアサービスを活性化するため必要要件の一部撤廃を検討していることを州のデジタル政府・サービス大臣が明した。発表では、乗用車や軽トラック運転の為に必要な第五種免許の2年間の保有、メディカルテスト、車両検査などの項目はそのまま維持する一方で、四種免許取得時に行う筆記テストや路上テストは廃止される。「この修正は、新たなタクシードライバーとライドシェアドライバー両方の為の行政手続きの簡略化、そして、更なるドライバー採用、維持、獲得のプロセスを迅速化させる助けとなる。」と担当する大臣は語った。

LINEで送る
Pocket