ライドシェアニュースNEWS

ライドシェア(⾃家⽤⾞両を使⽤する旅客運送)関連ニュース

ライドシェア事業につきまして、現在では、⽇本以外の先進国では合法化されています。2021年10⽉の衆議院選挙で、⽇本維新の会は早期にこのライドシェアを合法化する旨の指針を発表しました。この様な事を受け、ライドシェア運営での国会の議論は今後されることが予想されます。

ライドシェア事業とは?

ライドシェア事業は、運転者を希望する1種免許(2種免許は必要ない)を所有する者が、⾃家⽤⾃動⾞を使⽤し、配⾞アプリで乗客をマッチングした後に、希望場所にお迎えに⾏き⽬的地までお送りする業種です。決済は全てカード決済なため⼊⾦作業や管理する会社への常時の出社はなく、労働者側からすると⾮常に効率の良い労働が出来ます。2012年より海外でスタートし現在では各国におきまして、タクシー⾞両より多くの⾞両数が稼働している状態です。

わが国で、もしライドシェアが合法化された場合のことを
考えてみましょう。

運営会社は?

タクシー会社、バス会社、アプリ運営会社など?

対象地域は?

⽇本全国

運営⽅法は?

アプリケーションを使⽤して、決済は全てカード決済

乗⾞料⾦は?

やはりシェアと言うことから、タクシー料金よりも安価?

運営会社(運営事業者)、乗客(アプリ使⽤者)、運転⼿希望者の⽴場から、各国での問題点を考える。

現在のライドシェア運営につきましては、⾮常に厳しい環境であることは間違いありません。当ホームページ下段に関連ニュースを記載しています通り、まとめて⾔うと、2012年にスタートしました当該事業は、当初はアプリで乗客と営業⾞両運転⼿とをマッチングさせ、その⼿数料を収⼊にしていましたので⼤きな利益が⽣じていました。
しかし、各国の最⾼裁判所でライドシェア運転者の待遇は正社員相当が望ましいとの判決が出される様になりましたことを受け、現在ではアプリ運営会社は、最低賃⾦保証(客待ち含む)、有給⼿当費、社会保障費、⾞両経費、⾞内で起こった事件での損害賠償費などあらゆる経費を⽀払わなければならない様になったこともあり、巨額な⾚字決算になっています。
世界各地で正社員待遇判決
路上での客待ち待機は無駄な賃⾦を⽀払う必要がある
営業での⾞両経費、トラブル、社会保険料や有給⼿当も⽀給義務発⽣
  • ⾞両経費
    営業中の⾞両経費が掛かります。
  • トラブル
    ⾞両内でのトラブルや犯罪は補償を求められることがあります。
  • 最低賃⾦補償
    わが国では事業者は⼀定の勤務数が有る職員に対し有給休暇を付与する義務があり、週20時間以上の勤務者にも社会保険の費⽤負担が義務
タクシー乗場、路上などからの乗込みは出来ません
上記のように現在では、世界各国の裁判所で正社員待遇が相当などの判決が出されています。我が⽇本でもライドシェアが現実化するとすれば、安全確保のため出庫、⼊庫点呼の義務付けが予想されることから、労働時間につきましては、どの国よりも明確にあらわれます。
そのため、運営する会社は、しっかりとした運転者管理を⾏い、
出来る限り無駄な待機労働を無くす事
が出来た場合は、⼤きな資本を掛けることなく、⼤きな事業が運営可能になる利点があるのです。
注意

無駄な待機をさせてしまいますと100本の配⾞依頼・30万円の売上を50両(1名8時間)40万円の給与を払うことになり巨額な⾚字になる事は間違いありません。

運転希望者
運転希望者

本⼈またはご家族の所有する⾃家⽤⾞での営業展開になります。この業種の形態は乗客からの運賃収受は全てカード決済で⾏う様になり、運転労働者が毎⽇運営会社に出社しなくても⼤丈夫になることが考えられます。また出勤条件は、運転者⾃⾝の都合の良い時間帯や都合の良い曜⽇など、他の仕事を持っている⽅が副業として選択することを前提に考えられており、副収⼊を確保するためには⾮常に良い業種と世界では判断されています。

アプリ使用のお客様
運転希望者

*シェアと⾔うこともあり、同じ業種のタクシーに⽐べ安価での乗⾞可能が予想されます。
*運転者は都合のよい時間帯や曜⽇の勤務が可能になることから、採⽤者が多いことを予想するため、営業する⾞両数は多くなり、配⾞依頼が確定しやすくなります。
*若い運転⼿やお客様のお気に⼊りの⾞両を選択して乗⾞することが出来ます。

注意点もあります!
運転希望者

依頼した車両がどこの会社に所属している車両か、といったような基本的な情報はアプリを使用されますお客様に明確に開示されていますが、シェアという営業形態の為、一般の自家用車に乗車しなければならないと言った抵抗感が発生します。そのため、危機対応などの機能が搭載されたアプリを選ぶことが重要になります。