ライドシェアニュースNEWS

2021年1月28日 配車数が増加する「優先モード」の実態

2021.01.29 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 あるライドシェア企業では、昨年9月から「優先モード」という機能を知らせるメールが「より稼ぐために優先モードを起動しよう」の誘い文句と共にドライバーに送信されていた。このモードを利用するにあたりドライバーは10%の給与カットに同意しなければならないが、優先モードを利用することで利用していないドライバーより多くの配車依頼を優先的に受信できるとされている。結果、多くの仕事を行うことが出来、給料も増えるというものである。ただし、ドライバーからの評価は芳しくない。実際に利用したドライバーによるとモードを起動した前後で配車数に大きな差はみられなかった、モードを切った後には配車が来なくなった、なぜ給与を下げて同じ仕事をしなければならないのかなどの厳しい意見が多く、会社の新しいドライバー搾取方法だと揶揄する声も上がっている。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能