ライドシェアニュースNEWS

2021年4月22日 ラスベガス、配車依頼の5割しか対応できず

2021.04.26 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 アメリカではワクチン接種以降、人々が普段の生活に徐々に戻り始め、それに伴いライドシェア需要も回復しつつある。しかし、コロナで多くのドライバーがライドシェア業を中止しており、増加している配車依頼に以前のように対応できていないのが現状であり、ドライバー数は30%程しか回復していない。
 ラスベガスでは特に深刻な問題になっており、配車依頼の50%しか対応できていない。大手ライドシェア企業の1つは、先週2億5000万ドルを投資し、ドライバーの保持と獲得に力を入れ、ドライバー不足を解消するとしている。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能