ライドシェアニュースNEWS

2021年6月13日 アメリカライドシェア、性犯罪に関するデータ未だ発表せず

2021.06.15 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 数年前にアメリカのライドシェア大手2社に対し、自社プラットフォーム上での性犯罪の実態に関するレポート提出が求められた。2019年に片方の企業がレポートを提出し、2017年と18年のわずか2年間で6000件もの性被害の報告があったことを公表され波紋を呼んだ。しかしながら、もう一方の企業は「レポートの発表を予定している」とするだけで未だに詳細を明らかにしていない。現在もライドシェア企業への性被害訴訟件数は伸びており、現在少なくとも72人の乗客が同社に対し訴訟を起こしている。この内いくつかのケースでは、企業はドライバーが性犯罪を繰り返し行っていることを知りながら、乗客を保護する適切なステップを踏んでいなかったとされている。
 ある法律事務所によると、72という数字は氷山の一角でしかないと言う。この事務所だけで現在調査待ちの顧客は400人を超えていると付け加えた。実態調査に役立つようにデータの早期公開が望まれる。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能