ライドシェアニュースNEWS

2021年11月18日 ノースカロライナ、ライドシェア競合のためタクシーの規制を緩和

2021.11.24 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 ノースカロライナ州のウィルミントン市は、ライドシェアにより下火になっているタクシー産業を活性化させるために、一部規制の解除を発表した。タクシー会社は市の制限の下で料金の値上げ、車両の使用制限の延長、そしてドライバーのライドシェアや他のタクシー会社での勤務の規制を自社で設定できるようになる。また、基本料金を3ドルから4ドルに、1マイルごとに2.1ドルから3ドルに値上げし、さらに6マイルごとに15セントの追加料金、そして待機料金30ドルが市議会で採択された。ライドシェア企業の進出により長年地元タクシー企業は苦しまされており、市議会にライドシェアへの規制を訴えてきた。市はアプリを規制するには人員が足りず規制に踏み出せないがタクシーへの規制緩和は出来るとして今回の緩和に至った。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能