ライドシェアニュースNEWS

2022年1月4日 第二世代のライドシェア企業現る

2022.01.05 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 大手が市場をほぼ独占するアメリカで、ライドシェアビジネスを開始する企業が続々と現れている。新しい企業らはドライバーを従業員として雇用し、車両もドライバーの持つ車を使用するのではなく、自社所有の車を利用する第二世代のライドシェア企業と位置付けている。第二世代の強みは大手と比べ電気自動車への移行がかなり迅速に行えるところであり、実際にある企業では2023年待つまでに完全移行をみすえており、およそ3000台の電気自動車の購入交渉を行っている。企業はドライバーを従業員として雇用し、車両を自社で点検することで、企業が利益を、そしてドライバーが十分な収入を得ながらも、安定した安全で快適な輸送を実現できるとしている。これらの企業のドライバーは平均でおよそ15~18ドルの時間給に加え健康保険が保障されている。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能