ライドシェアニュースNEWS

2022年4月20日 ニューヨーク、緊急時のサージプライス禁止法案

2022.04.21 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 ブルックリンの地下鉄で発砲事件が発生後、ライドシェアの需要が高まり、サージプライスにより料金が跳ね上がり、数分の乗車で70ドル以上が請求される事態がSNSを通じて複数報告された。企業はすぐにサージプライスの一時停止と高額料金を請求された乗客への返金に応じた。
 地元議員は、弱みに付け込むような暴利行為であると今回の事態を非難し、緊急時にサージプライスを停止させる法案 the SURGE act を議会に提出したことをメディアに明かした。この法案では、連邦、州、自治体のあらゆる緊急事態において企業がサージプライスを適用することを禁止し、反則1回毎に250ドルの罰金が企業に課される。今後、企業とも会談を設け、皆に都合の良い形を模索していくと議員は語っている。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能