ライドシェアニュースNEWS

2022年6月16日 株主と2500万ドルで和解

2022.06.17 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 アメリカの大手ライドシェア企業の1つは、2019年のIPO株式上場時にプラットフォームの安全性への脅威など、株式評価に関わる問題を開示していなかったとして株主から訴訟を起こされていたが、企業は2500万ドルを株主らに支払うことで和解に至った。
 同企業は2017年から2019年のわずか2年間で4000件にも上る性犯罪が自社プラットフォームにて報告があったことを認めた。しかし、この情報は2019年雄上場時には開示されておらず、乗車中の性犯罪など安全面に関わる問題が明るみになるにつれ株価は下落していった。現在も株価は回復せず、株主らは企業の落ち度であり責任を果たすよう企業に求めていた。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能