ライドシェアニュースNEWS

2020年7月13日 乗客がライドシェアドライバーを暴行

2020.07.14 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 ライドシェアドライバーが乗車時に女性客に対してマスクの着用を求めたところ、女性客は怒り出し口論になった。目的地到着後、彼女は”リクエストした目的地と違う”とさらに怒り、ドライバーを暴行した。その上、立ち去る際には車内に唾を吐きかけた。コロナの感染を疑ったドライバーはすぐさま検査を受けたところ陰性反応が出た。この車両には車載カメラが搭載されていたため、女性客の一連の罵倒や暴行が鮮明に録画されていた。現在、この事件について警察が調査中である。
 自家用有償事業(日本版ライドシェア)が始まった際にもこのようなトラブルが発生することは十分考えられる。車内録画用カメラの取り付けはトラブルの抑止につながるだろう。ただ、その際の乗客乗員のプライバシーはどうなるのか、そこが問題だ。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能