ライドシェアニュースNEWS

2020年7月15日 マサチューセッツ州、ライドシェア企業を提訴

2020.07.16 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 マサチューセッツ州司法長官が、マサチューセッツ賃金時間法の下、大手ライドシェア企業2社のライドシェアドライバーは正社員であり、請負型契約社員として扱っているのは違法だとして、この企業2社を提訴したことを発表した。
 裁判所に提出された申し立てでは、企業が請負型契約社員として扱ってきたドライバーを正社員として扱い、彼らへ最低賃金、残業代、病欠補償などの保護を与える命令を求めている。
 カリフォルニア州に続いてマサチューセッツ州もライドシェア企業を提訴したことからうかがえるように、ライドシェアドライバーを正社員とする動きは全米に飛び火していくだろう。

マサチューセッツ賃金時間法については次の記事、または下のリンクへ

https://r-syea.com/world/216.html

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能