ライドシェアニュースNEWS

2020年7月29日 ライドシェアの乗り間違いを防ぐ機能の搭載を求める連邦法案、下院で承認

2020.07.30 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 乗車前に、ライドシェアドライバーと乗客のユーザーIDをマッチングする機能の搭載を義務化する連邦法案が提出され、全会一致で下院により承認された。この法案は、乗り間違いによる事件や事故を防ぐ目的で作られた。州によっては類似の法律が既に施行されており、違反すると営業を禁止されるところもある。
 ライドシェアは一般車両を使った営業のため、乗り間違いをどう防止するかは重要な課題だ。日本での自家用有償旅客運送事業(日本版ライドシェア)が始まった際にも必ず対策する必要がある。海外での防止策も参考にしつつ、自家用有償旅客運送事業(日本版ライドシェア)ではどんな方法が有効なのか、考える必要があるだろう。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能