ライドシェアニュースNEWS

2020年8月10日 カリフォルニア州裁判所、ライドシェア企業に正社員化命令下す

2020.08.11 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 カリフォルニア裁判所が今週月曜日、カリフォルニア州法の下「ライドシェアドライバーは正社員と同じ保護や福利厚生を与えられるべきである。」と判断し、アメリカ大手ライドシェア企業2社に対して、ライドシェアドライバーを正社員として扱うよう命令を下した。判事は、企業がAB5法を否定したために、ドライバーは福利厚生を受けられておらず、これは労働者への抽象的なものではなく現実に起こっている損害であると述べた。さらに、現在乗車数はかつてないほど落ち込んでおり、企業が商慣行を変更してもあまり影響を与えない最善の時期であると述べている。

 

関連ニュース:カリフォルニア州のライドシェア差し止め請求判断に慎重

       https://r-syea.com/world/267.html

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能