ライドシェアニュースNEWS

2020年8月31日 ライドシェア企業、人種差別への対応策を発表

2020.09.01 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 現在、アメリカではある事件を機に人種差別の撤廃への対応が求められている。そのなかでアメリカ大手のライドシェア企業も自社の対応策を明かした。内容は、乗客と運転手にたいして新しい反人種差別や無自覚の偏見への教育リソースを提供、利用する全ての人々のコミュニティガイドラインへの同意、そして、カスタマーサポートエージェントへの無自覚の偏見や差別に関する特別なトレーニングの実施となっている。企業は、誰もが自由に安全に移動できることを徹底することがゴールであると語っている。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能