ライドシェアニュースNEWS

2020年9月4日 サンディエゴ、ドライバーは住民投票に”NO”

2020.09.07 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 カリフォルニア州では11月にライドシェアドライバーの正社員化を巡る住民投票が予定されている。今回の住民投票で法案審議を行う。そのため、住民投票の結果は重要なものになっている。今回、サンディエゴのライドシェアドライバー達が住民に反対票を投じるよう訴えるために、車両にステッカーやサインを貼り付け、サンディエゴにあるライドシェア企業の本社まで走行した。
 住民投票の結果、賛成票(YES)なら企業が提案しているドライバーの待遇(最低賃金の130%、健康保険補助金などの受け入れ)になる。反対票(NO)ならAB5法を企業は遵守し、ドライバーに正社員としての待遇(最低賃金、車両保険や維持費などの必要経費の支払い、社会保障等)を与えることになる。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能