ライドシェアニュースNEWS

2020年9月6日 カリフォルニア州からの撤退を示唆

2020.09.07 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 先月、カリフォルニア州裁判所は差し止め請求の施行の延期を決定した。その見返りとして、カリフォルニア州で営業している大手ライドシェア企業に対して、控訴裁判と企業が進めている住民投票に失敗した場合は、その後30日以内に出された請求に対応することを約束する宣誓陳述書の提出を求められていた。陳述書を提出した企業の1つは、ライドシェアドライバーの正社員化を強制された場合、カリフォルニア州での全土もしくは一部で営業を停止させると述べたことを発表した。営業の停止(撤退)以外のことは語られず、他の企業の陳述書の内容も今のところ不明である。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能