ライドシェアニュースNEWS

2020年9月8日 ライドシェアの完全電気自動車化へ

2020.09.14 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 当初、渋滞の緩和などを期待されていたライドシェアだが、アメリカ全土に広がって以降、環境団体や政治家などから排気ガスによる環境汚染と混雑に関して数年間批判されてきた。大手ライドシェア企業の1つは既に2030年までに全てのライドシェア車両を電気自動車へ移行する計画を発表していた。今回新たに大手ライドシェア企業の1つが2040年までに全車両を電気自動車化することを発表した。この企業は2025年までに8億ドルを使い車両変更を促していくとしている。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能