ライドシェアニュースNEWS

2020年9月6日 ライドシェアの雇用形態を問う住民投票に新たに7000万ドル

2020.09.07 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 カリフォルニア州ではライドシェアドライバーの雇用形態を問う住民投票が進んでいる。住民投票ではライドシェアドライバーを企業が求めている”契約社員”にするか、AB5法が定める”正社員”にするかが争われている。今回、ライドシェア企業は賛成(YES)に投票するよう住民たちに訴えるキャンペーンに新たに7000万ドルを注ぐと発表した。このキャンペーンの基金は合計で1億8100万ドルで、ドライバーが行っている反対(NO)キャンペーンの480万ドルと比べると、企業側の住民投票に対する熱意が伝わってくるようである。

 

関連ニュース:サンディエゴ、ドライバーは住民投票に”NO"

       https://r-syea.com/world/314.html

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能