ライドシェアニュースNEWS

2020年11月4日 ライドシェア企業、住民投票に勝利

2020.11.05 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 3日火曜日にカリフォルニア州でライドシェアドライバーと食品宅配業者をAB5法の例外にするかを問う住民投票が行われた。その結果、賛成が58%、反対が42%となり、賛成多数で企業側の勝利となった。今後、企業はドライバーを契約社員として雇用し続けることが出来ることになった。ただし、ドライバーの路上待機時間を除く乗客の迎車開始時から降車完了時までの時間に対して、時間給や健康保険補助金などを含むいくつかの福利厚生を保証すると企業は発表している。また、定期的な犯罪経歴の調査を含む新しい安全対策も実施していくとしている。この住民投票の結果は他の州の動きに大きく影響するとこが予想される。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能