ライドシェアニュースNEWS

2020年12月9日 ライドシェアドライバーの収入に関して、ニューヨークでの調査結果

2020.12.11 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 2019年にアメリカのニューヨーク市はライドシェアドライバーの最低賃金を定める法律を施行した。今回、この法律の施行前後でライドシェアドライバーの収入にどのような影響があったのか、その調査結果が開示された。
 この調査はシカゴとカリフォルニアの大学により行われ、2018年と2019年に渡りおよそ5億件の乗車情報から導かれたものである。そのデータによると、ライドシェアドライバーの収入は法律の施行前に比べ、乗車一回につき約9%(1.33ドル)増加していることが示された。さらに、ライドシェアの利用数が増加しているにも関わらず、乗客の待ち時間は減少していること。ライドシェア企業の取り分が、2018年の6月は15%であったところから2019年の6月には12.5%まで下がったことも示された。
 この結果に対して各ライドシェア企業は、「2019年度のドライバーの給与増加をもたらしておらず、アプリに参加できるドライバーの数を会社に制限させた」、「実際には1万人ものドライバーが労働機会を失い、乗車料金の25%上昇による低所得者層の乗客へダメージを与えている」と反論と指摘を発表している。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能