ライドシェアニュースNEWS

2020年12月14日 カリフォルニアでのライドシェア料金値上げへ

2020.12.15 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 先月カリフォルニア州で行われた住民投票により、ライドシェアドライバーは配車受付時から乗客の降車までの時間に対する最低賃金や車両維持費として、1マイル当たり0.30ドルを保証、さらに事故保険や福利厚生を提供されることとなった。ライドシェア企業はカリフォルニア州の労働者に対した、これらの新しい福利厚生の経費をカバーするため、ライドシェアと食料宅配サービスでの料金値上げを実施することを発表した。料金の上昇率はサービスや利用場所によって異なるが、ライドシェアの場合は$0.30~$1.50、宅配サービスの場合は$0.99~$2の中で変動する。これは2021年から開始され、週に15時間以上勤務したドライバーには医療補助金も提供される。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能