ライドシェアニュースNEWS

2020年12月16日 2023年までに完全自動運転の車両導入を目指す

2020.12.17 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 アメリカ大手ライドシェア企業の1つが、2023年までにアメリカの複数の都市でドライバーが乗車しないロボタクシー(完全自動運転車両)を導入する計画を発表した。現在、同企業はラスベガスの一部で自動運転車両を導入しているが、万が一のためにドライバーは乗車している。今のところ、ロボタクシーの導入に関して、検討している都市や規模は明らかにしていない。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能