ライドシェアニュースNEWS

2020年12月16日 情報へのアクセス権を求めオランダで提訴

2020.12.22 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 イギリスのライドシェアドライバーグループは、大手ライドシェア企業の1つが業務上で集めたデータへのアクセス権利を求めて、オランダで同企業を提訴した。配車の振り分けは、ドライバーの業務状態や勤務態度など、アプリを通して得られたデータに基づいて行われているとしており、ドライバー達はこのデータの詳細へのアクセス権を求めている。ドライバーグループの弁護士は「企業は完璧な透明性を示すべきである」とコメントを出している。
 情報の開示請求は以前にも行われており、その際はプライバシー保護の観点から一部の情報のみ共有するにとどまった。今回の請求に対して裁判所は2021年2月11日までに判断を下すとしている。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能