ライドシェアニュースNEWS

2021年1月1日 シアトル、ライドシェアドライバーの最低賃金開始

2021.01.04 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 アメリカワシントン州シアトルでライドシェアドライバー及び宅配業者の最低賃金を設定する法律が2021年1月1日に施行された。ライドシェアドライバーは契約社員として扱われており、最低賃金の保証や健康保険などの福利厚生も提供されておらず、また、ここ数年でシアトルでの生活水準は上昇しているのに反し、給料が変化していないドライバーの数は増加しており、シアトル政府はこのような状況の改善策を模索していた。
 この新法律ではライドシェアドライバーの最低賃金は、ガソリン代などの費用を含め$30.30となり、費用を引いた手取り額は$16.69となる。この法律の施行を受け、ライドシェア企業はドライバーへの保障を行うために乗車料金を平均で25%値上げすることを発表している。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能