ライドシェアニュースNEWS

2021年3月10日 ライドシェア企業、追放したドライバーの情報を共有へ

2021.03.16 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 アメリカ大手ライドシェア企業2社は、アメリカで自社アプリの使用を禁止されたドライバーや宅配人が相手企業のプラットフォームに参加できなくするために、データベースを作成し、情報共有を行っていくと発表した。また、他の輸送や配送業の会社もプライバシーや情報の正確性に関するポリシーを順守すればこのデータベースへの情報のアップデート及び閲覧が可能になる。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能