ライドシェアニュースNEWS

2021年3月10日 ライドシェア企業、カナダ州政府に規制の変化を要請

2021.03.11 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 今週水曜日、大手ライドシェア企業の1つはカナダの州政府全体に対し、ギグエコノミー労働者の柔軟な労働形態を損なわず、福利厚生やマスクなどの保護具、そして訓練の提供を企業に強制できるよう、規制の変化を求めた。これは今までの「労働者は契約社員であり、健康保険や残業代、他の福利厚生の対象外である」という企業の主張から大きく方向転換した形だ。
 同企業はライドシェアドライバーや食料配達人がいつ、どこで、どのように勤務するかの選択権を取り上げず、彼らに給与を支払っていく上記の労働モデルをFlexible Work+と名付け推進していく予定である。ドライバーにアンケート調査したところ、全他の59%がこの新しいモデルを支持していおり、16%が現行モデルを支持、18%が正社員化を望んでいるという結果になった。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能