ライドシェアニュースNEWS

2021年4月1日 カリフォルニア州、ライドシェア企業に対して電気自動車化を求める

2021.04.05 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 今週水曜日、ライドシェア企業に2030年までに電気自動車化を求める法律の草案が、CARBカリフォルニア州大気資源局により議会に提出された。現在、ライドシェアサービスの排気ガス規制が求められており、草案では電気自動車への移行を段階的に求めるている。移行は、2023年までに3%、2026年までに30%、2027年までに50%、2030年までに90%となっている。
 この草案への投票は5月20日を予定している。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能