ライドシェアニュースNEWS

2021年5月6日 オーストラリア、乗り間違い事件

2021.05.10 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 オーストラリアのメルボルンでライドシェア車両の乗り間違いにより、20歳の女性が性被害にあった。加害者男性はライドシェア車両であるかのように近づき、自宅まで送り届けることを申し出た。女性が加害者男性を信じ乗り込んだところ、数分後被害にあった。女性は友人に助けを呼び、その友人が警察に連絡したことで男性は逮捕された。このニュースを受け、ライドシェア企業は乗車前にナンバープレートと車種の確認を徹底すること、またアプリを介さない口頭での予約の受け入れをしないように呼び掛けている。
 ライドシェアの乗り間違いによる事故や事件はこれまでにも複数回発生しているにも関わらず、車両の確認方法は未だに乗客による目視や口頭での確認など、原始的な方法が取られている。このような事件の発生件数をゼロにする為にも、企業側による抜本的なアイデアやサービスが必要なのではないだろうか。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能