ライドシェアニュースNEWS

2021年6月16日 カリフォルニア州のライドシェアドライバー、正社員化の再考を国に訴え

2021.06.18 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 カリフォルニア州では40時間以上勤務したライドシェアドライバーには健康保険給付を与えることがProp22という法律により定められている。しかし、既に国や州、他の会社で健康保険に加入してしているドライバーはこの対象外との条項により低所得者層のドライバーが不満を抱えている。今週火曜日、およそ24000人が加入している2つの団体は、現在のドライバーの状況とドライバーの正社員化再考をNLRB全米労働関係委員会に改めて訴えた。
 ある専門家によると、以前の政府はギグエコノミー労働者を請負契約社員としてみなしていたが、現政権はギグエコノミー労働者の待遇に興味を示しており、今後NLRBが正社員化再考に乗り出す可能性もあるとしている。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能