ライドシェアニュースNEWS

2021年6月30日 カリフォルニア州で数十人の性被害者、ライドシェア企業を訴える

2021.07.01 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 カリフォルニア州において、ライドシェアドライバーから性犯罪被害を受けた数十人の女性が、加害者ドライバーが所属していたライドシェア企業を訴えた。原告らは「企業は2014年時点で自社ドライバーが女性乗客に性犯罪を行っていたことを確認していた。」また、「企業は深刻な性犯罪を防止するために、必要不可欠で、基本的な安全対策を整えて来なかった。」と主張している。法律事務所では、およそ200人以上の性犯罪被害者を担当しており、そのほとんどが今回の裁判に参加する意思を示している。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能