ライドシェアニュースNEWS

2021年6月28日 ミネソタ州、ライドシェアドライバー不足が解消される気配なし。一方タクシーは好調

2021.06.30 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 コロナ禍で減少したライドシェアドライバー数がある程度回復しつつあるとの発表も行われているが、現実はまだまだ厳しいようだ。現在、アメリカのミネソタ州のダルース市ではライドシェア利用時、ある学生は平均で45分待機する必要があると話し、乗客の中には数時間待機したという人もいる。依然としてライドシェアドライバー不足は深刻なようだ。
 その一方で、コロナによりライドシェアが街から消えた影響で、その分の需要がタクシーに集まっており、タクシーにとっては好ましい状態となっている。あるタクシー会社では「コロナ禍の去年1年間で仕事量が約2倍にまで高まった。」と語っている。同社は現状をライドシェアから需要を取り返す好機とし、人々を取り込むためのサービス拡大を行っていくとしている。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能