ライドシェアニュースNEWS

2021年7月29日 ライドシェア企業、言語レッスンを無料でドライバーに提供

2021.07.30 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 今週アメリカのライドシェア企業は、デジタル言語学習サービス提供する企業と提携し、自社ドライバーや配達人へ無料の言語レッスンを提供すると発表した。これまで言語レッスンサービスは優秀なドライバーへの褒賞プログラムとして行われていたが、全てのドライバーを対象にサービスを行うとしている。
 ライドシェアドライバーはロンドンではおよそ82%、ニューヨークではおよそ90%が移民であり、現地の言葉を話せないドライバーも多く存在する。ドライバーに言語学習機会を与えることで、ドライバーらが福利厚生を万全に利用できる手助けが出来ると企業はコメントの中で語っている。これに加え、ドライバーが別の職を探す際には、業務態度や成績をまとめた推薦状のようなものを発行し、ドライバーの就職活動を支援する取り組みも始めるとしている。ドライバーへの支援プログラムを充実させることで、現在のドライバー不足を少しでも緩和させるのが狙いのようである。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能