ライドシェアニュースNEWS

2021年8月21日 カリフォルニア高裁、Prop22を違憲と判断

2021.08.23 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 2019年にカリフォルニア州ではギグエコノミー労働者を従業員としてではなく、アプリベースの請負契約社員(個人事業主)として扱うことを認めるProposition22(通称Prop22)が住民投票で可決された。しかしその後、この法律は州憲法違反であるとして裁判で争われることになった。先週カリフォルニア高裁判事は、「Prop22は州憲法違反である。」と判決を下した。
 判事は、「Prop22のいくつかの項目は州憲法を違反しているため、この法律に強制力は存在しない。」と判決文でProp22の効力の有無に言及した。また、Prop22は労働者の団体交渉権の禁止を定めているが、『住民投票は1つの問題とその問題に関連する項目にのみ限られなければならない。』というカリフォルニア州の必要要件に違反していることを判事が明らかにした。さらに、「アプリベースのドライバーによる団体交渉を禁止することは、請負契約労働者の労働権利を促進していないだけでなく、労働の柔軟性を保護しておらず、また最低限の労働環境の保護及び給与基準も提供していない。」と判決文で言及している。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能