ライドシェアニュースNEWS

2021年9月14日 オランダ、ライドシェアドライバーは従業員と裁判所が判決下す

2021.09.15 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 オランダのアムステルダムで大手ライドシェア企業のアプリを使用して営業する、およそ4000人のライドシェアドライバーに関して、タクシー会社の従業員と同等であり、それに伴う福利厚生の受給資格を有するかどうか争われてきた。今週、アムステルダム地区裁判所は、「当該企業のアプリを利用して乗客を輸送するドライバーはタクシー輸送の労働協約の対象であり、また企業とドライバーとの法的な関係性は従業員契約の要件を全て満たしている。」と認定した。これによりドライバーはライドシェア企業の従業員であると認められ、最低賃金の補償や福利厚生の受給資格があるとの判決が下された。加えて、判事は企業にタクシードライバーとの労働協約履行の失敗に対する罰金として$58,940の支払いを命じた。
 この判決に対し企業は控訴しており、引き続き法廷で争う姿勢を示している。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能