ライドシェアニュースNEWS

2021年12月1日 営業停止のベルキードライバーに支援のため100万ユーロを投資へ

2021.12.02 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 先週のベルギー高裁の判決により、ベルギーで営業を行っていたライドシェア企業がサービスの停止を発表した。この影響を受け、全体の95%のドライバーが勤務できない状態になっている。企業は収入の無いドライバーを支援する為、100万ユーロの投資を発表し、2021年の10月と11月に活動していたドライバーを対象とし、2週間でおよそ500ユーロを支払うとしている。政府もこの影響の深刻さを受け止め、ドライバー救済のために迅速な解決策の提案に同意しており、企業は早ければ12月半ばでの営業再開を見込んでいる。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能