ライドシェアニュースNEWS

2021年12月26日 ニュージャージー州、ハリケーンにより待ち時間が増加

2021.12.28 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 ニュージャージー州のジャージー市は、市が運営するライドシェアサービスでも乗車までの待ち時間が増加しており深刻な状態だと報告した。市が調査したところ、乗車までの待ち時間は前四半期より10%増加し、平均で22分となった。また、時間通りの乗車は去年の75%から10%下がり65%に留まった。待ち時間増加の理由はコロナの規制緩和に加え、最近市を襲ったハリケーンの影響によるものが大きいとしている。ハリケーンにより多くの車がダメージを受けてしまい、ライドシェア市場の車両数の減少、そして車を失った市民らのライドシェア需要の増加が要因であると見られる。市はこの状況解決により組んでおり、2022年には今年より多くの車両を提供できるよう計画を明かした。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能