ライドシェアニュースNEWS

2022年2月1日 ニューヨーク、ライドシェアドラ

2022.02.07 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 ニューヨークとその周辺のライドシェアドライバーとフードデリバリーの配達人らおよそ10万人を代表するグループは、新たな連合「Justice for App Workers アプリワーカーのための正義」の結成を発表した。メンバーの内過半数が移民であり、ギグワーカーとして労働しているが、保護もなく不安定である。この現状を各個人ではなく連合で呼び掛けることで世間に認知され、現状が変わるとメンバーの一人は話す。連合は、生活に足るだけの賃金、安全性の向上、健康保険の質の向上、配達人への不平等な扱いへの改善を中心に訴えていくとしている。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能