ライドシェアニュースNEWS

2022年3月4日 カナダ オンタリオ州、ライドシェアドライバーの正社員化も検討か

2022.03.08 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 カナダ、オンタリオ州の労働大臣がライドシェアドライバーを含むギグエコノミー労働者に正社員と同様の権利や福利厚生を与えることを検討中であると、大臣の意思決定に詳しい2人の関係筋が明かした。彼らによると、大臣はまだ明確な判断を下してはいないが、何らかの形での保護政策を模索している。このことが実現した場合、有給休暇や退職金などの契約社員には与えられなかった福利厚生を得られることになる。
 州政府は、ライドシェアドライバーの最低賃金法施行準備を現在進めている。この法案では最低賃金を15ドルと定め、いくつかの福利厚生を与えるとしているが、ドライバーが正社員である課は明記されていなかったため、正社員化を望むドライバーらから批判の声が上がっていた。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能