ライドシェアニュースNEWS

2020年11月15日 ギグエコノミー企業がイリノイ州法の改案に

2020.11.17 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 大手ライドシェア企業を含むギグエコノミーの企業が、労働者の新しい分類を作成するためにイリノイ州法変更へ乗り出した。ライドシェア企業では政治資金団体を作り、ライドシェアや食料品配達業務の独立型労働のメリットを訴え始めている。
 11月3日にはカリフォルニア州でのAB5法の例外にライドシェアや食品配達業を加えることを求めた住民投票が行われ、企業側が勝利した。これによりライドシェアドライバーなどは同州で独立契約社員として今後も扱われることが決定し、この流れで他の州でも同様の労働契約を結ぶための法律を作っていくというのが狙いのようだ。
 現在、イリノイ州ではギグエコノミーに関連する法案の提出は確認されていないが、ある議員が語るには、来年中にアプリベースの労働者を正社員として分類するための何かを提出する可能性があると示唆した。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能