ライドシェアニュースNEWS

2021年1月12日 カリフォルニアでの住民投票の結果を不服として提訴

2021.01.13 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 カリフォルニア州の複数のライドシェアドライバーが、去年11月に行われた”ライドシェアドライバーの扱いを問う住民投票”の結果を覆すために提訴した。住民投票ではライドシェア側が勝利し、ドライバーは契約社員として認められた。その上で、企業は一定の基準をクリアしたドライバーに対して、企業が定めた最低賃金の補償や健康保険への補助金などを含む独自の福利厚生をドライバーに提供することとなった。この訴訟に対してライドシェア企業はコメントを発表していない。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能