ライドシェアニュースNEWS

2021年8月4日 ギグエコノミー労働者の労働形態論争、次はマサチューセッツ州へ

2021.08.17 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 昨年、アメリカのライドシェア企業らは、カリフォルニア州でギグエコノミー労働者を請負契約社員として扱うことを問う住民投票を進め、見事勝利を勝ち取った。企業等はマサチューセッツ州でも同様の流れを作り出すため、2022年に同様の内容を問う住民投票の開催を州に申し立てた。企業らは「住民投票や法整備なしでは、アプリベースのギグエコノミーの将来は危機に陥る。」と語っており、住民投票によりギグエコノミー労働者に”歴史的に新しい福利厚生”や、”請負契約社員として柔軟性の維持”を保障することを目的としている。
 反対派からは「この措置は永久的に”2級”の労働階級を作り出すことになる。」と否定的な意見が出されている。

LINEで送る
Pocket

  • ライドシェアとは

    ライドシェアをわかりやすく説明します。

  • ドライバーになりたい方へ

    ライドシェアのドライバーに必要なノウハウ
    を動画でわかりやすくご説明します。

  • 次世代ライドシェアアプリ

    安心で安全を追求した次世代ライドシェア
    アプリ「シェアタ」のご紹介です。

人気記事ランキング

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能