ライドシェアニュースNEWS

2022年4月12日 アリゾナ州、年1回の車検免除を定める法案が議論へ

2022.04.14 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 アリゾナ州のライドシェアドライバーは、運転車両のブレーキやタイヤの検査を年に1回受けなければならない。しかし今回、この義務を免除することを定める法案が提出され、下院上院での議論を経て州知事の元まで届いている。知事がサインすれば、運転する車両が安全基準を満たし、かつ製造から10年以下であることを証明するとドライバーは、年1回の検査義務を免除される。
 この法案通過を働きかけていた人物は、彼らの調査結果では、年に1回の検査を受けていることが事故を防いでいると明確な関連付けが見られなかったとして、義務免除訴えている。一方で年に5万マイル走行するドライバーは、年に1回の検査の重要性を訴え、さらに検査にかかるコストは企業負担であり、ドライバーに負担は無いと訴えた。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能