ライドシェアニュースNEWS

2022年4月27日 トロント、ライドシェアライセンス申請前のトレーニング義務化へ

2022.04.28 国外ライドシェア情報

LINEで送る
Pocket

 カナダのトロント市で、2018年に新米ライドシェアドライバーが高速道路上でバック走行し、事故を起こして乗客が亡くなった。これ以降、市はドライバーのトレーニング受講義務化を進めてきたが、トレーニングを担当する組織が承認され、今年5月からトレーニングが開始されることとなった。市内で新たにライドシェアドライバーとして認可を受けるためには、このトレーニングを完了しなければならない。トレーニングの内容は、交通事故の削減、市街地での走行、あらゆる差別の禁止、そして法順守などを目的としたものになっている。

LINEで送る
Pocket

次世代ライドシェアアプリ「シェアタ」

  • 事業者様のメリット

  • お客様(ユーザー)様のメリット

  • シェアタ独自の安全機能